FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.10.30

手根管症候群

10日くらい前から、手の指先がしびれるよう感じがするようになった。
たまに、朝起きたときに手がしびれていることがあっても、しばらくすると治ったのだが、今回は一日中しびれた感じが続いて治らない。「指先のしびれ」でググってみると、「手根管症候群」という聞いたことがないう病名がやたら目についた。
症状が「手根管症候群」の説明とは少し違うようで、いづれにせよ整形外科に受診したほうが良いというので診てもらった。
触診をしてから、手、ひじ、首のレントゲン写真を6枚も撮り、詳しく調べて下さったが、やはり手根管症候群ではなく、首に問題があるらしい。レントゲン写真では異常は見られないので、しばらく投薬治療して様子をみて、MRIなどの検査をしましょう、という結果だった。
また新しい病気で・・・。ちょっとやっかいなことになりそうで困ったもんだ。
スポンサーサイト

2011.10.21

栗の皮むき

002-1.jpg
栗の炊き込みご飯を作るときに栗の皮をむかなければならないが、はじめは包丁をつかっていたが、アイデア商品売り場で栗の皮むき鋏「栗くり坊主」という便利グッズを見つけた。
片方のギザギザ刃で栗を固定して、もう一方の刃で皮を切るという代物。余分に実の部分まで切りすぎるのが欠点で、包丁でむいた方が無駄なくきれいにむけるが、包丁がすべって指を切ったりすることも少なくない。その点、「栗くり坊主」は安全なうえ、手早くむけるのが良い。
以来約20年、毎年利用して、一度、付属の替刃に交換したが、このごろ切れ味が悪くなったので、新しいのを買うことにした。ネットで調べてみると、新製品「栗くり坊主Ⅱ」が発売されており、ステンレス製なので水洗いができて清潔だということで、送料無料のアマゾンで購入した。
新品はカミさんが使い、私も旧製品で手伝って皮をむき、いつものように栗だらけの栗ご飯を堪能した。

2011.10.03

栗拾い

今年も毎秋恒例の栗拾いに、カミさんの実家へ行ってきた。
少し前に義父に肝臓ガンが見つかり、もう高齢のため、カテーテル手術をおこなったのだが、完治しておらず、明後日、再手術することになっている。
そんな状況の義父なので、栗畑の手入れも万全ではなかったのだが、そこその量の栗を収穫するこができた。きょうは娘たちも一緒だったので収穫もはかどった。
義父の入院が10日くらいかかるので、痴人に収穫を頼んだようだ。カミさんもひまをみては実家へ行くようだ。畑も放置しておくわけはいかないのだ。
しばらくの間、獲れたての美味しい栗をいっぱい食べられるぞー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。