FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.05.26

義兄が亡くなった

姉の夫は、60代半ばで「若年性アルツハイマー」を発症し、8年もの間、闘病生活を送っていたが、5月23日、日曜日、とうとう力つきて旅立った。
1年前、姉が「くも膜下出血」を発症したが、幸運なことに、全く後遺症もなく快復したあとに、夫の最期を看取ることが出来て本当に良かった。
思い起こせば、私が28歳の時、開業して間もない義兄の外科医院で、「急性虫垂炎」の手術をしていただき、37歳の時には、私の胃ガンを早期発見して、大病院での手術の手配などもして下さったおかげで命拾いして、ひとかたならぬお世話になったのに、何の恩返しも出来なくて、とても残念だ。
昨夜の通夜、きょうの告別式にも、多くの方に参列していただき、生前の義兄の人柄の良さを痛感しました。
お兄さん、ありがとうざいました。
スポンサーサイト

2010.05.14

カメムシ大発生

義母の葬式の後、親しい親族が義母の家に集まったのだが、家の中が異常に臭い。誰かが踏んづけたのか、玄関のカメムシの死骸がにおいの発生源だった。

カメムシを処分して、皆でよもやま話をしていると、家のあちこちでカメムシ発見の叫び。私と娘らが、カメムシ・バスターとなり、窓のカーテンにくっついているカメムシをガムテープにくっつけてから、接着面を貼り合わせて臭いを封じ込めて処分する方法で、数十匹のカメムシを処分した。
2年間、義父ひとりの生活だったので家の掃除もままならず、カメムシが大発生したんだろうね。

それから、七日参りで二度、カミさんの実家へ行っているが、カメムシの死骸を1~2匹見つけるだけで、どうやら終息したようだ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。