FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.26

ラジオを修理?

私のオヤジは、かなりのヘビースモーカーだ。
オヤジの部屋の壁や天井は、もともとは白かったのに、薄茶色に変色している。きっと、オヤジの肺の中もタールで真っ黒になってるだろう。
間もなく88歳になるが、今まで、よく肺ガンにならずに生きのびてこられたものだ。

オヤジの部屋の、テレビやエアコンなど、家電製品がよく故障する。
私は、タバコのタールが原因だと思っていたのだが・・

先日、株式好きなオヤジの短波ラジオの音が出なくなったと、もってきた。
ずっと前、故障したテレビの内部を水洗いして、完全に乾燥すると、かなりの割合で故障が直ってしまうのを、テレビ番組で見た覚えがあったので、駄目もとということで、ラジオの裏ブタと乾電池をはずし、バケツの温水でシャバシャバし、2日天日干しした・・・・

乾電池をセットし、スイッチオン。
なおった! なんと、なんと、なおってしまった。

そして、その日に新しく注文していた短波ラジオが届いた。
うそみたいな、ホンとの話だよん。


スポンサーサイト

2007.10.22

さだまさしのコンサート

さだまさしのコンサートへ行ってきました。
歩いて10分くらいのところにコンサートホールがあるので、かみさんとふたりトコトコ歩いていってきました。近いので便利です。
私には、さだまさしのコンサートは、初めてだったのですが、うわさどおり、トーク半分、歌半分の、歌よりおしゃべりの方が記憶に残る、楽しいコンサートでした。

ただ、演奏中にトイレに立つ客が、幾人か目に付いて、とても不愉快でした。
3時間足らずのコンサート、我慢しろ!
どうしても我慢ができなかったら、外へ出てもいいが、席に戻らず、外で聴いてろ!
100歩譲って、せめて演奏していない間に、こっそり戻ってこいよ。

コンサートのマナーを知らないやつは、来るな! と、言いたい!


2007.10.18

青空文庫

とても、有益なサイトを見つけました!
青空文庫」というサイトで、芥川龍之介や夏目漱石など、作者の死後、50年以上経って著作権が消滅した作品を、ウェブ上で自由に読むことができます。

このサイトは、いまどきのHPには珍しく、アイコンやバナーでリンクすることがないので、音声ソフト利用者でも楽にアクセスできるようなので、早速、視覚障害の友人に紹介しました。
音声ソフトは、森鴎外を「もりかもめがい」、「恩讐の彼方に」を「おんしゅうのあちらに」と、読み上げるので、たいへん不満ではありますが、これが音声ソフトの限界なのかなー・・
しかし、視覚障害の友人は、とても喜んでくれて、私も嬉しいです。

http://www.aozora.gr.jp/

2007.10.12

栗の皮むきばさみ

この秋、もう4回目の栗ごはんです。
我が家の栗ごはんは、栗の中に米があるっていうくらい栗がごろごろしていて、とても美味しいです。
栗の量が多いので皮をむくのがたいへんな作業です。なので、もう10数年前から、栗の皮むきばさみを利用しています。包丁でむくより、楽で、安全に皮むきができます。
20071012205124.jpg

20071012205235.jpg



2007.10.08

タイポスコープ

私の目の病気は、視力の低下、視野の欠損とともに、カラーコントラストも悪くなっています。
仕事で使っている伝票の細い罫線がたいへん見づらく、ますの中にきちんと記入することが難しくなりました。そこで、過日、手に入れた「自分でできるロービジョンケア」という本に載っていた、「タイポスコープ」をつくりました。
黒い厚紙を使って、必要な記入部分のますをカッターで切り取ったものです。
いろいろ工夫することで、不便さを克服できるものです。
20071008190129.jpg



2007.10.02

栗拾い

日曜日、毎年、秋の恒例行事になっている、かみさんの実家の栗拾いに行ってきました。
栗拾いといっても、道ばたに転がっている石ころを拾うような簡単なものではありません。

まず、そのいでたちは、ゴム長靴、長袖のシャツ、帽子、 おまけに、昨日は雨降りだったのでカッパをはおって、
腰には収穫用のかごと携帯用の蚊取り線香をしばり付け、軍手に火バサミを持つという重装備です。

栗の実は、熟するとイガが開き自然に落ちるものと、
開きかけたイガが風などのせいで落ちて、落ちた衝撃で実が飛び出すものと、
イガに、入ったまま落ちるものがあります。

地面は、完全に草を刈ってあるわけではないので、短い草むらに隠れている栗を探すのは苦労します。
イガに、入ったままの栗は、両足でイガを割るように踏みつけて、実を取り出します。
火バサミで拾うものの、ずっと中腰の作業なので、腰が痛くてたまりません。
でも、雨の中、義父と私とかみさんの3人で、2時間かけて30キロ収穫できました。

雨の日に、コントラストが悪くてもなんとか栗拾いをし、栗の選別もできて、また来年もできるぞーって自信が付きました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。