--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016.12.19

ケンの娘です。

父は、12月15日に他界しました。

11月の中頃、孫の七五三のお祝いを終えてから急激に悪くなり、入院になりました。
しかしこれ以上の治療ができないということで12月10日に退院。
リフォームを急いでもらい、新しい部屋も間に合いました。

入院中は1人で歩けましたが、退院時は2人がかりで支えないと歩けないほどでした。
おかゆも飲み込むことが出来ず、栄養剤の点滴とストローでの水分補給のみ。
それまで何度も痛み止めを飲んでいましたが、退院してからは痛みを訴えることがなかったのが幸いです。

日に日に出来ることが減っていき、身体を起こすことが出来なくなり、水を飲みこむことが出来なくなり、意思の疎通が出来なくなりました。

最期はそれほど苦しむこともなく、自宅で、家族が見守る中、息を引き取りました。


年は越せると思っていましたが、悪くなってからは本当に早くて、父も早いなと思っていたかもしれません。
しかし、3人目の孫を見せることができ、12月9日には65歳の誕生日を迎えられ、少しは幸せだったかなと思っています。


このブログは父の楽しみでした。
ブログ仲間もたくさんできたみたいです。
目の病気やすい臓がん、DIYのことなど、いろんな情報があるようで、
誰かのためになるかもしれないので、このブログはこのままにさせていただきます。

ブログを読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーサイト

2016.11.12

抗ガン剤投与の中止

11月9日(水)に予定されていた4回目の抗ガン剤治療は、
また血小板の数値が低いことから中止になった。
腫瘍マーカーの数値が下がっているので、新しい抗ガン剤の効果はあるようで、
1週おきの投与に変更になった。

相変わらず下肢のむくみは治らず、利尿剤の量が2倍になったが、
目立った効果は見られない。
手足のしびれと下肢のむくみさえなければ、普通に生活ができるのに…

2016.11.08

第2クールの抗ガン剤治療

先週は予定通り抗がん剤治療が出来た。
副作用は少ないだろうと楽観視してjたが2日目と、3日目に、
39℃を超える発熱があり、しんどかった。
こうして、どんどん体力が無くなっていくのを感じる。
あんなにフットワークが軽かったのに、
今はソファーから立ち上がることすら、一苦労だ。
大好きなDIYも思うように出来なくなり、つらい。

手足のしびれと、下肢のむくみは相変わらずで、
特に下肢のむくみはひどく、太ももや玉袋までむくんで治らない。
何かすっきりする治療方法はないのだろうか。

家のリフォームは予定通り進んで、土曜日の夜には入浴可能になった。
順調にいけば、今月中にすべて完成しそうだ。

2016.10.27

抗ガン剤治療の中止

昨日は、新しい抗がん剤の3週目の治療日だったが、
事前の血圧検査で血小板と白血球の数値が低かったので、
抗がん剤の投与は中止になり、来週の水曜日になった。
発熱などの自覚症状はなかったが、とにかく身体がだるく、
うちへ帰ってからもずっと寝ていた。
きょうは体調も良く、無理をしないように軽作業をを楽しんだ。
しかし、体力は確実に落ちていて、思ったように動けないのが口惜しい。

明日は、次女が退院して来る。
正月過ぎまで、しばらくの間、次女の赤ちゃんと、
長女の2人の孫に振り回される生活が続くだろう。
私の身体がいつまでもつのか、心配だ。

来週の月曜日から、やっとリフォーム工事が始まる。
1週間でお風呂、2週目でトイレ、あとは部屋のリフォームなど、
全てが終わるのは、1カ月くらいらしい。

2016.10.23

次女の出産

次女が昨日の朝、破水して急きょ入院したのですが、
昼頃まであった陣痛が、午後から弱くなってしまい、
昨日中の出産は見送りになってしまいました。
今日のお昼に陣痛促進剤を使うと急に陣痛が強くなり、
午後4時前に2700gの男の子を無事出産しました。

予定より1週間早かったのですが、日曜日の出産ということで、
婿さんも会社を休むことなく、出産に立ち会うことが出来て、
良かったです。
金曜日からリフォームが始まるので、1週間後の出産がベストだったのですが、
そこまで欲を言ってはいけません。

私も次女の赤ちゃんを見ることが出来て、やれやれです。
次の目標は、元気でにぎやかなお正月を迎えることです。


2016.10.21

退院して来ました

週間の入院をして、今日退院して来ました。
胆管の詰まりは、2個のステントを挿入することにより、
黄だんの数値も正常に戻った。
しかし、まだもう1箇所細くなっているので、
毎週の抗ガン剤治療の時の血液検査を見て、経過観察となった。
1週間前に始めた新しい抗がん剤は、身体が薬に慣れるまで、
発熱するようで昨日まで高熱に悩まされた。
明日から熱が出なければ良いが・・・

2016.10.06

明日から、再入院

きょうは抗がん剤治療日だったので、いつものように血液検査をして、
担当医に診てもらうと、黄疸の症状が出ているという。
そういえば、きのうすごく黄色いおしっこが出たことがあった。
黄疸の原因は、おそらく胆管が詰まっているので、
治療しないと、どんどん悪くなるので、入院して検査をし、
内視鏡で詰まりを除去する治療をすという。

それで、明日から急きょ入院することになった。
全く予想していなかったので、かなり戸惑った。
いつかはこんな日が来るだろうと思っていたが、
感染症はないということだったので、最悪のことにはならないようだ。
しばらく病院で休むことにしよう。

2016.10.04

抗がん剤の副作用

前回(第8クール)から、抗がん剤の副作用が強くなった。
今回(第9クール)の副作用もより強くなったようだ。
第7クールまでは、抗がん剤治療日から3~4日はしびれなどの副作用があり、
それが過ぎると全く元気にになって、様々なDIY作業をしていた。

しかし、第8クールは後半の週になっても、手足のしびれなどの副作用が続き、
第9クールになると、口内炎がなかなか治らず、疲れやすくなり、
夕方になると発熱したりで、抗がん剤による体力低下が顕著になってきた。

なんとか次の抗ガン剤治療で病状が回復すと良いのだけど・・・
病状の悪化が少なく、1か月後の次女の出産まで元気であってほしい。


2016.09.30

手作り接眼レンズの製作

☆準備するもの
 時計ルーぺ、100均の眼鏡に取り付けるサングラスあるいは老眼鏡、
 1.4㎜x6㎜の精密ねじ

SUNP0011.jpg

☆手順
1.時計ルーペのレンズ部分を外して、ボンドかホットボンドで接着する。
 瞬間接着剤は相性が悪いようです。
SUNP0014.jpg

2.100均の老眼鏡のレンズ部分をセンターポンチなどを使って壊し、
 取り付け部分だけを取り出す。
 残っているリベットはニッパーなどを使って慎重に取り外す。
 取り付け金具部分を少しかしめて、幅を狭くしておく。
SUNP0016.jpg


3.ホビールーターを使って、レンズのプラスチック枠に穴をあける。
 穴の位置は、少し狭くしないと、完成時に指でつまめなくなる。


4.レンズ枠の穴に合わせて、取り付け金具を精密ねじでくっつける。
 このとき、ねじにちょっとボンドを着けると良い。
 これで完成!
SUNP0022.jpg
ブログ1



2016.09.27

機械設備の撤去と次女の里帰り

26日(月)、急に解体業者が来ることになり、奥の作業場に残っていた機械などを全部撤去してくれた。
資材業者より手早く、夕方5時ごろには片付いてしまった。
後はリフォームだが、今週中に見積もりを持ってくると言っていたが、果たして・・・

月曜の夕方、次女が出産のために里帰りした。
10月末が出産予定日なので、今生まれてもいいくらい、大きなおなかをしている。
なんとか私が元気なうちに次女の孫を見ることが出来そうだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。